HOME > 製品情報 > ピアスナット

製品情報

ピアスナット

ピアスナットとは、Self Piercing and Clinch Nutの略で、「自分で自分の穴をあけ、かしめられるナット」の意味です。ねじ切りの加工領域内での高い抗張力と硬度を有しており、また独特の形状と精度を持っており、ナット自身が1回ごとに消耗パンチの役割を果たしながらパネルに穴をあけ(即ち次々に新しいパンチで穴があけられ)穴あけと同時に強固にパネルにかしめられます。
ピアスナットは、溶接ナットをはじめとする色々なパネル用ファスナーに較べて多くの長所利点を有する、日本で初めて生まれた自動アッセンブリーナットの本格派であり組立メーカーの大幅なコスト低減と特に絶大な威力を発揮します。

※各製品の特長や種類等につきましては、下記のボタンをクリックしていただきご確認いただけます。

ピアスナットの特徴
1枚のパネルに同時に多数取付ができる。
プレス成型と同時に取付ができる。
メッキまたは塗装の終わったパネルにも取付ができる。
ナット自身で取付穴をあけるので、ナット相互間のズレやバラつきが発生しない。
取付作業は自動制御のため取付ミスは発生しません。
アルミ、真鍮、各種表面処理およびコーティング材(熱伝導性、通電性の悪い材料)等にも取付ができる。
ピアスナットの種類

KP型 ピアスナット

パネルに対するナットの保持力は高く、安定した固着力をお約束いたします。もちろん、パネルとの水密性も優れています。
高張力鋼板対応ナットもご用意しています。

HN-L型 ピアスナット

特に2mmを超える厚板を対象としたピアスナットで、セレーションを持ったパイロットが特徴です。
受注生産品です。

取付プロセス (ピカソタイプの場合)
開始位置
ナットはパンチの爪に保持されています。母材はダイスの上に置かれています。
プレスストローク
プレス降下(パンチが下がる)すると、ナットのパイロット部分が母材にパンチングを行ないます。
パンチプロセス
ダイスの突起部が母材をナットの懐に充填して行きます。パンチングを行なったパンチカスはダイスの穴から抜け落ちます。
クリンチプロセス
プレス下死点(油圧では設定値)まで到達した時に完全に母材が充填され強固にナットを固着させます。
カシメ工程終了の断面図
ピアスナットは従来の溶接ナットに較べてどれほど有利か?

ピアスナットは、溶接ナットに不可欠な設備の大半を削減する事が可能です。作業性においても誰でもできる簡単作業に人的ミスを大幅に削減する事ができます。

コスト面

受電設備、溶接機等のほか排煙設備、工具消耗品
取付コスト、運搬コストのほか検査、ネジ山修正、ゴム栓が不要または大幅な削減が可能

作業性・機能面

作業管理が楽になり、熟練や勘に頼らず美しい仕上がりが期待できる。
また、アッセンブリ強度に信頼がおけるなど作業効率もアップします。

ピアスナットの使用例
ホースバンド ホースバンド
ホースバンド ホースバンド
ホースバンド トラックのフロント部
ホースバンド エアバック
ホースバンド サイドメンバー

 

ページのトップへ戻る